アリンコチェア

ミニマルなフォルムとすらりとした形。アルネ・ヤコブセンによってデザインされたアリンコチェアは、細い脚をもつ木製のスタッキング・チェアです。それは芸術作品でありながらも、木材本来の特性とラミネート加工技術の結合によって、体の形状や動きに柔軟に適応するとても座り心地の良い椅子です。背もたれとシートの一体成形の積層材の椅子は1952年の発表当時、非常に画期的なことでした。脚は、クロームあるいはサテンクローム仕上げ、3本脚または4本脚の選択が可能です。本体にはビーチ材、メープル材と、22色のラッカーまたはラズール仕上げがあります。

カテゴリー: 家具 / 小椅子
デザイナー: アルネ・ヤコブセン
制作年: 1952
主な素材: 成形合板(ビーチまたはメープル材)、スチール脚、合成素材レッグキャップ
価格: 39,000円〜
ブランド : フリッツ・ハンセン / フリッツ・ハンセン